広島城コレクション Hiroshima Castle Collection 広島城下絵屏風

広島城下絵屏風

広島市指定重要有形文化財  昭和46年(1971)7月5日指定
六曲一双、紙本彩色、(各)高170cm×幅368cm

広島城下の四季
春は城下の東・東照宮(とうしょうぐう)から訪れ、夏、秋、冬と季節は城下の西へ移って雪積もる天満橋(てんまばし)で終わります。ひとつの画面にすべての季節を展開する伝統的な「四季絵(しきえ)」の形式で描かれる広島城下絵屏風には、季節の折々の風景に、西国街道(さいごくかいどう)沿いの城下町の人々のくらしがいきいきと描かれています。

The Four Seasons of Hiroshima Castle Town
Spring starts from Tosho-gu Shrine, which is located at the eastern part of the castle town, then the season shifts to summer, fall, and winter through east to west, and finally ends at snowy Tenma-bashi Bridge. In the picture of Hiroshima castle town on one of the folding screens, a traditional style painting is done depicting all four seasons. The scenery of the four seasons and people who lived in the castle town along Saigoku-Kaido Street are beautifully painted.

→拡大図をみる(一部)

絵屏風の中のいろんな人たち

絵屏風の中には337人の人々と18匹の動物たちが描かれています。
詳しくは、天守閣第二層の展示システムでご覧いただけます。

→絵屏風の人々を探してみる