header

広島城の歴史広島城の歴代城主

近世の城下町
広島城蔵の資料から見た城下町広島

城下町とは、城を中心として形成される町のことです。戦国時代以降に発展し、江戸時代に入ると、武士に加え、町人階層も職業別に住むなど、主に商業、交通の中心となり、大規模な消費経済が発達していきます。
広島は近世きんせい城下町として発展した典型的な都市です。城下町広島は、広島城を築城した毛利輝元てるもと及びその後入部した福島正則によって、造られました。

福島正則の改易の後、広島城に入国した浅野長晟ながあきら以降、福島時代の基本的な城下町の形は、変らなかったと考えられています。元和げんな5年(1619) の浅野長晟ながあきら入国時には、城下には63町が存在しました。
この数年後の様子は寛永かんえい年間 (1624-1643年、江戸時代初期)の城下町を描いた「寛永かんえい年間廣島城下図」(広島城蔵)に見ることができます。この絵図では、武家町が3重の堀に囲まれた城をとりまく形で北と東に配置され、灰色で描かれた町人町は、広島城の南側を通る西国さいごく街道に沿って東西に広がっていることがわかります。町人町は、職種ごとに集められ、この絵図にも城下町の活気を髣髴ほうふつとさせる「かぢや丁」、「材木丁」、「西魚町にしうおまち」、「鉄砲屋町」などの職名をかんした様々な町名が書かれています。この絵図は、浅野時代の広島を描いた最も古い絵図の一つですが、広島城下町の中心部は幕末までほとんど変わりませんでした。

その後城下町は、中心部から海側に向かって広がりを見せます。広島の場合、平地が少ないので、海に向かって干拓かんたくされ、新開しんかいと呼ばれる埋立地が形成されます。正徳しょうとく年間 (1711-1716年、江戸時代中期)の様子と考えられている「広島城下町絵図」(広島城蔵) を見ると「寛永かんえい年間廣島城下図」と比べて、明らかに南に新開しんかいが広がっていること、また城下町の周囲にも部分的に町が広がっていることが分かります。

では、城下町はどのような賑わいを見せていたのでしょうか。そのことを示す具体的な資料として、文化ぶんか年間(1804-1818年、江戸時代後期)に描かれた「広島城下絵屏風えびょうぶ」(広島城蔵)があります。この屏風びょうぶは、西国さいごく街道に沿った城下町の主要部分が描かれている貴重な絵画資料で、街道沿いに立ち並ぶ商家しょうかや神社や門、そこで暮らす武士や町人、馬、船などが春夏秋冬に分けられて鮮やかに描かれており、西日本でも随一と言われた賑わいの様子を示しています。

これらの資料に見ることのできる城下町は、現在の姿とは異なります。しかし、現在の紙屋町という町名はかつても「紙屋」の町であり、また現在の広島市のアーケード本通り商店街はかつて西国さいごく街道の道筋であったことなど、ビル群が林立りんりつする百万都市広島にわずかながら近世きんせいの名残をとどめています。


「寛永年間廣島城下図」(広島城蔵)

「広島城下町絵図」(広島城蔵)

「芸州広島図」広島城下を西側から俯瞰して
描いた絵図(広島城蔵)


「広島城下絵屏風(部分)」(広島城蔵)